JALPAK

ジャルパックの取り組みOUR INITIATIVES

働く仲間たちにも笑顔を

ジャルパックは、社員一人一人がやりがいをもって笑顔でいきいきと働くために、
会社と社員がさまざまな取り組みを行っています。

健康経営

経済産業省より「健康経営優良法人2019ホワイト500」に認定されました。

「健康経営優良法人認定制度」は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議*1が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営*2を実践している企業を顕彰する制度です。

*1:国民一人ひとりの健康寿命延伸と、適正な医療について実効的な活動を行うために組織された活動体です。

*2:NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

働き方改革―制度だけではなく、社員が主体性をもって変革活動―

  • 01柔軟な働き方の実現のための整備
  • 02自らの意思で柔軟な働き方を実現(自らの働きかけ)
  • 0301、02の効果の推進を目指した業務プロセスの大胆な見直し
  • 04従来に比べ働きやすい職場となり、ES(Employee Satisfaction)向上。ただしESはまだ与えられ感から脱却できていない状態も含むため、01、02、03を深化させ、その結果、スタッフにとり働きやすい職場となり、エンゲージメント(※)の向上につなげる。
  • 05働きやすい、余裕のある職場からは、さまざまなアイデアも出て、ますますいい環境が生じる。

2018年度JATA会長表彰「働き方・休み方改革部門」大賞受賞*JATA:日本旅行業協会

ジャルパック プレスリリース

柔軟な働き方の環境整備を推進

ジャルパックでは、全社員が生産性高く、やりがいをもって働ける環境を整備することで、変革への意識を高め、より付加価値の高い成果の創出を目指しています。オフィス環境の整備では、社内のフリーアドレス化、ノートPCとスマートフォンを導入し、場所にとらわれない働き方を実現しています。このほか、多様かつ柔軟な働き方の制度、様々な環境の社員を支援し仕事とプライベートを充実させる制度などを設けています。

  • ・「在宅勤務」 自宅で会社と同じ環境で仕事を行うことが可能です。
  • ・「テレワーク」 自宅以外で業務効率や生産性向上が見込まれる場所(図書館、サテライトオフィスなど)での勤務が可能です。
  • ・「フレックスタイム制度」 始終業の時刻を社員が決められる働き方です。
  • ・「時間単位年次有給休暇」有給休暇を1時間単位で取得することが可能です
  • ・「ワーケーション」 帰省先や旅行先などの一部時間をテレワークにより勤務することで、より連続した有給休暇の取得が可能となります。

社員ワーキンググループ 「WHIP(ホイップ)」による
自律的な働き方改革の取り組み~多用な価値創造集団への変貌を目指して~

各職場から選出された社員により、“WHIP (ホイップ)”(=Work and Holiday Innovation project)を結成し、自律型思考プロセスに基づき社員が主体となり、「働き方改革」「JALフィロソフィ浸透」「健康経営」「ダイバーシティ・女性活躍推進」を活動の4本柱として各種取組みを行っています。

折り紙ヒコーキ大会

朝礼での体操教室