JALPAK

ジャルパック プレスリリース

2018年7月30日

報道関係各位

JMBプレミアムツアー 「ジャルパックが厳選して贈る いい旅、あたらしい旅。」
JALグループ機内誌・会員誌「AGORA」8・9月合併号掲載ツアー
7月30日(月)より順次発売開始
ワンランク上の国内・海外プレミアムツアーが満載

株式会社ジャルパック(本社:東京都品川区、代表取締役社長:江利川 宗光)は、JALグループ機内誌・会員誌「AGORA」2018年8・9月合併号に掲載されるJMBプレミアムツアー「ポレイア」「ポレイア ネオ」「JMBセレクション」各商品を発売開始いたします。
海外ツアーとして、アフリカのサファリを堪能する旅、南米屈指の雄大な自然風景を誇るパタゴニアへの旅、豊かな自然が魅力のオーストラリア・タスマニア島とメルボルンを巡る旅など、ワンランク上のツアーをご紹介しています。

ヌーの川渡り ダフ湖周辺ハイキング

「AGORA」 8・9月合併号掲載 「ポレイア」 「ポレイア ネオ」 「JMBセレクション」

2018年7月30日(月)発売
出発日:2018年8月~2019年6月発 (コースにより異なります)

■JMBプレミアムツアー 「ポレイア」 「ポレイア ネオ」
お部屋・お食事はもちろん、随所にこだわり贅を尽くした極上の時間を過ごしていただくプレミアム海外ツアー「ポレイア」、1名様より催行の海外ツアー「ポレイア ネオ」。日本発着JALビジネスクラスまたはプレミアムエコノミークラスを利用します。
■JMBプレミアムツアー 「JMBセレクション」
ホテル・食事・旅程・テーマにこだわった上質な国内・海外ツアー「JMBセレクション」。ポレイアのこだわりはそのまま、快適になったエコノミークラスでお楽しみいただけます。海外ツアーでは、JALビジネスクラス/JALプレミアムエコノミークラスもご用意しております。

ジャルパックが厳選して贈る「いい旅、あたらしい旅。」URL:http://www.jal.co.jp/tour/gensen/

おすすめツアーのご紹介

【海外】

新コース

ポレイア
〔12名様限定〕JALビジネスクラス利用(日本発着国際線)

ヌーの川渡りとキリマンジャロ遊覧飛行を楽しむ
タンザニアサファリ大自然の旅 10日間

東アフリカ・動物王国タンザニアが誇るセレンゲティ国立公園とンゴロンゴロ自然保護区。ヌーやシマウマ、キリン、ライオンなどのさまざまな野生動物が棲息しているといわれています。7~8月のセレンゲティ北部はヌーの大移動のベストシーズンでもあります。本コースでは、このベストシーズンにあわせ、同2カ所にて敷地内にある豪華ロッジに宿泊しながら、計5回のゲームドライブを堪能いただきます。
また、旅の終わりにはアフリカ最高峰キリマンジャロ山や雄大なサバンナの景観をチャーターフライトにてご案内。大自然のなかの極上の空間で、日頃の疲れを癒し、ほかでは味わえない特別なバカンスをお過ごしください。

ヌーの大移動(C)F&K Cultural Tours and Safaris

ヌーの大移動(C)F&K
Cultural Tours and Safaris

ンゴロンゴロ自然保護区のゲームドライブ

ンゴロンゴロ自然保護区のゲームドライブ

〔コースのポイント〕

ヌーの大移動が楽しみ。動物の移動にあわせてゲームドライブも満喫

旅のはじめは、セレンゲティ国立公園へ。マサイ語で「果てしなく広がる平原」を意味するとおり、約1万5000㎢にもおよぶ広大なサバンナには、約300万頭もの野生動物が棲息しているといわれます。同公園では、動物の移動に合わせて宿泊先を変更。3日間に分けて3回のゲームドライブをお楽しみいただきます。旅の後半は、ンゴロンゴロ自然保護区へ。ンゴロンゴロ・クレーターは直径20km近くにもおよぶ世界最大級のカルデラで、多くの野生動物が棲息しているといわれます。同区では、クレーターの大パノラマを一望するほか、ゲームドライブを満喫。ジープに分乗してゾウなどの野生動物を探します。

大自然のなかの豪華ロッジに宿泊

セレンゲティ国立公園では、予約困難といわれるほど人気の「サヤリ・キャンプ」と、5つ星の「フォーシーズンズ・サファリ・ロッジ」に宿泊。ンゴロンゴロ自然保護区では、タンザニア屈指の豪華ロッジ「クレーター・ロッジ」に宿泊します。大自然のなかで優雅なひとときをお過ごしください。

キリマンジャロ遊覧飛行は全員窓側席。
万が一のダブルアタックもご用意

キリマンジャロ山や雄大なサバンナの景観をチャーターフライトの全員窓側席にてご案内。アフリカ最高峰・標高5,895mのキリマンジャロをご堪能ください。万が一天候不良で飛行できなかった場合は、翌日にもう一度チャレンジします。

出発日:2019年8月14日(水)
出発地:成田

「クレーター・ロッジ」テラス

「クレーター・ロッジ」テラス

キリマンジャロ (C)F&K Cultural Tours and

キリマンジャロ (C)F&K Cultural Tours and

新コース

ポレイア
JALビジネスクラス利用(成田⇔フランクフルト)

ロス・グラシアレス国立公園とパイネ国立公園を巡るベストシーズン
秋のパタゴニア 11日間

アルゼンチンとチリ両国にまたがり、南米屈指の雄大な自然風景を誇るパタゴニア。3月下旬~5月上旬は、パタゴニアを代表する落葉樹の南極ブナの紅葉が美しい季節です。本コースでは、このベストシーズンに同エリアが擁する2大国立公園を巡り、その絶景を満喫します。
旅程1日目は、アルゼンチンの首都であり“南米のパリ”と称されるブエノスアイレスで、市内観光や本場のタンゴショーをご堪能。その後、空路で世界自然遺産にも指定されているロス・グラシアレス国立公園へ。南極、グリーンランドに次ぐ規模を誇る氷河とフィヨルドを探訪します。琵琶湖の約2倍の面積を持つ神秘的なアルヘンティーノ湖クルーズや氷河博物館、真っ赤に色づく木々と氷河との美しい色のコントラストなどお楽しみください。
旅の後半は、約2,400㎢の広さを誇るパイネ国立公園へ。世界中のトレッカーが憧れる同公園では、山と森林、草原、湖、氷河など変化に富んだ自然風景をご覧いただけるほか、グアナゴ、キツネ、水鳥などの野生生物に遭遇できるチャンスもあります。南米の魅力のつまった旅を、心ゆくまでご堪能ください。

出発日:2019年4月5日(金)、19日(金)
出発地:成田

アルヘンティーノ湖クルーズ

アルヘンティーノ湖クルーズ

新コース

JMBセレクション
世界遺産クレイドルマウンテンでゆったり2連泊

世界遺産クレイドルマウンテンとフレシネ国立公園に泊まる
タスマニア・メルボルン 9日間

壮大な自然と独自の生態系が今なお残されているオーストラリア。本コースでは、氷河期にできた独特の地形と豊かな自然が魅力のタスマニア島と豊かなガーデンシティとしても有名なメルボルンを巡ります。
旅程1日目に、オーストラリア南東沖にあるタスマニア島の州都ホバートへ。現存する橋のなかではオーストラリア最古といわれるリッチモンド橋やオーストラリア固有の動物がいるボノロング野生動物園を観光します。旅程2日目に訪れるフレシネ国立公園では、サファイア色の海が広がるワイングラスベイを一望できる展望台へご案内します。
旅程3日目に訪れる世界遺産クレイドルマウンテンでは、ゆったりと2連泊。ダブ湖を1周するサーキットウォークをはじめ、樹齢1500年といわれる杉の古木を目指すクウォーキング、夜行性動物探検ツアーなどをご体験いただきます。ゆっくりと自然散策しながらタスマニアの美しさをご堪能ください。
旅の終盤に、英国風の街並みの間を路面電車が走る美しい街、メルボルンへ。デラックスホテル「ソフィテル・メルボルン・オン・コリンズ」に2連泊し、市内観光をお楽しみいただきます。さらに、フィリップ島へ足を伸ばし、オーストラリア最大級のペンギン観賞ポイントである「ペンギンパレード」へご案内。特別観賞席でゆったりとお楽しみいただけます。

出発日:2018年12月5日(水)、2019年2月12日(火)、3月20日(水)
出発地:成田

クレイドルマウンテン (C)Tourism Tasmania, JP & E Baker

クレイドルマウンテン
(C)Tourism Tasmania, JP & E Baker

ワイングラスベイ (C)Tourism Tasmania, JP & E Baker

ワイングラスベイ
(C)Tourism Tasmania, JP & E Baker

ペンギンパレード (C)Phillip Island Nature

ペンギンパレード
(C)Phillip Island Nature

JALグループ機内誌・会員誌「AGORA」8・9月合併号のご案内

ご紹介したツアー以外にも、JAL機内誌・会員誌「AGORA」2018年8・9月合併号には、さまざまな国内・海外ツアー情報が掲載されています。エグゼクティブのための知的情報誌「AGORA」では、世界各国のトレンドやカルチャー、世界を知り尽くしたJALならではの特集記事のほか、ワンランク上の旅をご紹介。会員ならではのサービスや特典などの最新情報にもご注目ください。

「AGORA」URL:http://www.jal.co.jp/jalcard/agora/

AGORA

国内旅行、海外旅行のジャルパックは、これまで以上に「お客さま視点」を第一に考え、“旅のプロ”としてお客さま・旅行会社の皆さまから常に選ばれ、愛されるホールセール旅行会社を目指してまいります。

以上

(写真はすべてイメージです)

ページのトップへ