JALPAK

ジャルパック プレスリリース

2018年4月24日

報道関係各位

JMBプレミアムツアー 「ジャルパックが厳選して贈る いい旅、あたらしい旅。」
JALグループ機内誌・会員誌「AGORA」5月号掲載ツアー
4月24日(火)より順次発売開始
ワンランク上の国内・海外プレミアムツアーが満載

株式会社ジャルパック(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤田克己)は、JALグループ機内誌・会員誌「AGORA」2018年5月号に掲載されるJMBプレミアムツアー「ポレイア」「ポレイア ネオ」「JMBセレクション」各商品を発売開始いたします。
国内ツアーは、北海道の厳選宿・ヴィラで過ごす休日、徳島の阿波おどりと関門海峡花火クルーズ。海外ツアーは、超高層ビル・台北101のニューイヤー花火を間近で見る台湾の旅、9つの世界遺産を探訪するメキシコ紀行、絵のように美しい南西フランスを巡るツアーなど、ワンランク上のツアーをご紹介しています。

「坐忘林」 客室露天風呂の一例 ロカマドール(写真:アフロ)

「AGORA」 5月号掲載 「ポレイア」 「ポレイア ネオ」 「JMBセレクション」

2018年4月24日(火)発売
出発日:2018年5月〜2019年2月発 (コースにより異なります)

■JMBプレミアムツアー 「ポレイア」 「ポレイア ネオ」
お部屋・お食事はもちろん、随所にこだわり贅を尽くした極上の時間を過ごしていただくプレミアム海外ツアー「ポレイア」、1名様より催行の海外ツアー「ポレイア ネオ」。日本発着JALビジネスクラスまたはプレミアムエコノミークラスを利用します。
■JMBプレミアムツアー 「JMBセレクション」
ホテル・食事・旅程・テーマにこだわった上質な国内・海外ツアー「JMBセレクション」。ポレイアのこだわりはそのまま、快適になったエコノミークラスでお楽しみいただけます。海外ツアーでは、JALビジネスクラス/JALプレミアムエコノミークラスもご用意しております。

ジャルパックが厳選して贈る「いい旅、あたらしい旅。」URL:http://www.jal.co.jp/tour/gensen/

(5月1日(火)14時よりご覧いただけます)

おすすめツアーのご紹介

【国内】

JMBセレクション
一度は泊まってみたい

北海道厳選 宿・ヴィラ 2・3日間

〔ニセコ〕坐忘林(ざぼうりん)

羊蹄山を望む、ニセコの原生林にひっそりと建つ隠れ家「坐忘林」は広さ70㎡以上ある露天風呂付きの客室が15室のみの宿。モダンで洗練されたデザイン空間で心身ともにリラックスし、移りゆく季節の中でニセコの自然と向かい合い、静かで穏やかな時間をお過ごしください。滞在中、1部屋に1本シャンパンハーフボトルをご用意しております。

出発日:2018年5月14日(月)〜10月31日(水)の毎日出発
出発地:東京

〔大原高原〕フラテッロ・ディ・ミクニ ヴィラ

大雪山系を遠望する大自然の中に建つヴィラ「フラテッロ・ディ・ミクニ ヴィラ」。お食事は、フレンチ界の重鎮・三國清三氏と北海道イタリアンの第一人者・堀川秀樹氏がプロデュースするレストランでお召し上がりいただけます。ヴィラのテラスや浴室からも、大雪山系の眺望をご堪能いただけます。旭川家具で構成されたインテリアもお楽しみください。

出発日:2018年5月10日(木)〜10月12日(金)の毎日出発
(ただし、日〜火曜日の宿泊にかかる出発日を除く)
出発地:東京

「坐忘林」客室の一例

「坐忘林」客室の一例

「坐忘林」 客室の一例

「坐忘林」 客室の一例

ミクニ レストラン

ミクニ レストラン

JMBセレクション
JALで行く ぱしふぃっく びいなす お盆休みの旅

阿波おどりと関門海峡花火クルーズ 5日間

“洋上のホテル”と謳われるクルーズ客船「ぱしふぃっく びいなす」で4連泊し、夏旅を堪能するツアーです。 乗船中、徳島の街中が活気でみなぎる「阿波おどり」と「関門海峡花火大会」をご覧いただきます。「阿波おどり」は有名連による合同フィナーレまで専用観覧席にて、関門海峡を挟んで下関側と門司側から同時に約1万5,000発が打ち上げられる「関門海峡花火大会」は船上特設席より鑑賞いただきます。お盆休みを利用し、人混みを気にせず夏の風物詩をゆったりご覧いただくおすすめの旅です。

出発日:2018年8月12日(日)
出発地:東京

関門海峡花火

関門海峡花火

小松島港での歓迎風景

小松島港での歓迎風景

【海外】

新コース

ポレイア ネオ
JALビジネスクラス利用

ニューイヤー花火はお部屋からゆっくりと年越し台湾 4日間

台湾最大の都市・台北では、新年を祝う賑やかなカウントダウンイベントが催されています。午前零時を迎える前から、市内各所でさまざまなイベントが行われますが、そのクライマックスが、本ツアーの目玉であるニューイヤー花火です。街のランドマークである高さ500mを超える超高層ビル・台北101から美しい花火が放たれると、街は大いに盛り上がります。本ツアーでは台北101の至近に位置する台湾屈指の5つ星ラグジュアリーホテル「グランドハイアット台北」に滞在。ホテル内レストランでの年末スペシャルディナーおよびお部屋からのニューイヤー花火をお楽しみください。

出発日:2018年12月30日(日)
出発地:羽田

ニューイヤー花火

ニューイヤー花火

JMBセレクション
10/29出発は世界無形文化遺産「死者の日」の祭礼にご案内

コロニアル建築のオアハカと9つの世界遺産を巡る
彩りのメキシコ紀行 8日間

アメリカ大陸で最も多くの世界遺産を有する国・メキシコには大規模な古代遺跡群、美しいビーチリゾート、色鮮やかなコロニアル建築が残る古都など、多彩な魅力がつまっています。本ツアーではメキシコが誇る9つの世界遺産を探訪し、その魅力を巡ります。
まずは、世界遺産の古都グアナファトへ。16世紀以降に銀鉱山の街として発展し、バロック様式の建築物が数多く造られた美しい街を散策します。そして同じく16世紀に築かれた要塞都市サンミゲル・デ・アジェンデへ。大聖堂や教会などを観光後、先住民とスペイン人が共生し繁栄した、世界遺産の植民都市ケレタロを探訪。首都メキシコシティへ移動し、世界無形文化遺産であるマリアッチを夕食とともにお楽しみください。
そしていよいよ、メソアメリカが誇る世界遺産の古代都市遺跡、テオティワカンへ。太陽と月のピラミッドや神殿など、紀元前2〜6世紀に築かれた遺跡を訪ね、プエブラへ。「天使の街」とも称される世界遺産の街並みと、当地が発祥といわれるモレ料理を堪能します。
旅の後半は、紀元前から栄えたメキシコ南部に広がる宗教都市であり、現在もメソアメリカの文化・伝統の中心地として知られる世界遺産オアハカ、モンテ・アルバン遺跡を観光します。オアハカは、色彩豊かなコロニアル風の街並みとともに、紀元前から栄えたサポテカ民族の祭事が伝わる古都。10月29日出発では、同地の世界無形文化遺産「死者の日」の祭礼の様子も観光可能です。マリーゴールドの花で祭壇を飾り、先祖と一緒に食事や音楽を楽しむ祭りの熱気を是非、ご体感ください。
旅の最後は首都メキシコシティへ。古代アステカ帝国の遺跡の上に築かれた歴史地区では、世界遺産の国立宮殿やカテドラルなどを巡ります。
紀元前から続く長大な歴史を誇るメキシコの文化を、ぜひこの機会にご自身の目でお確かめください。

出発日:2018年10月 5日(金)、10月29日(月)、11月22日(木)、12月21日(金)
出発地:成田

グアナファト(C)グアナファト州政府観光局

グアナファト(C)グアナファト州政府観光局

モンテ・アルバン遺跡_(C)Mexico tourism Board:Photo/ricardo Espinosa-reo

モンテ・アルバン遺跡
(C)Mexico tourism Board:Photo/ricardo Espinosa-reo

死者の日・お墓の飾り付け

死者の日・お墓の飾り付け

新コース

JMBセレクション
JALビジネスクラス/JALプレミアムエコノミークラス利用

中世をいまに残す美しい村巡りが楽しみ
南西フランス 絵になる風景を求めて 9日間

“フランスの最も美しい村”が数多く点在する南西フランスを訪ね、絵のように美しい風景を巡るツアー。
旅のスタートはフランス第4の都市であり、同エリアの観光拠点となるトゥールーズ。ガロンヌ川の粘土で作られたピンク色の煉瓦でできた建物群から“バラ色の街”とも呼ばれる美しい街です。その近郊に位置し、画家ロートレックの故郷としても知られる世界遺産の街アルビ、小高い丘に家々が寄り添う風景から“天空のコルド”の異名をもつ“美しい村”の一つ、コルド・シュル・シエルでの散策をお楽しみいただきます。
ここから、ミディ・ピレネー地区に位置する山間の静謐な巡礼地コンクへ。サンチャゴ・デ・コンポステーラの巡礼路に位置する小さな村の雰囲気を楽しんだあと、中世の面影が残るサルラへと向かいます。サルラのあるペリゴール地区はまた、美食でも知られるエリア。トリュフやフォアグラの名産地であり、名物の朝市ではクルミやセップ茸など土地の食材を扱う屋台がずらりと並びます。こうした食材を利用した料理ももちろん、ご堪能いただけます。
旅の後半は、先史時代の壁画で有名なラスコー観光と “美しい村”ラ・ロック・ガジャック散策を挟み、ワインの産地へ向かいます。サンテミリオンでは、世界遺産の旧市街散策とあわせ、ワイナリー見学やテイスティングも体験。ボルドーではワイン博物館を探訪するほか、世界遺産に指定されているガロンヌ河岸の街並みもご覧いただきます。フリータイムもご用意していますので、ワインの聖地で、思い思いのランチやディナーをお召し上がりください。
世界中の旅行者に愛される風光をぜひ、この機会にお楽しみください。

出発日:2018年10月17日(水)、11月7日(水)
出発地:羽田

ロカマドール(写真:アフロ)

ロカマドール(写真:アフロ)

ラ・ロック・ガジャック(写真:アフロ)

ラ・ロック・ガジャック(写真:アフロ)

サンテミリオン (C)YW

サンテミリオン (C)YW

JALグループ機内誌・会員誌「AGORA」5月号のご案内

ご紹介したツアー以外にも、JAL機内誌・会員誌「AGORA」2018年5月号には、さまざまな国内・海外ツアー情報が掲載されています。エグゼクティブのための知的情報誌「AGORA」では、世界各国のトレンドやカルチャー、世界を知り尽くしたJALならではの特集記事のほか、ワンランク上の旅をご紹介。会員ならではのサービスや特典などの最新情報にもご注目ください。

「AGORA」URL:http://www.jal.co.jp/jalcard/agora/

AGORA

(写真はすべてイメージです)

国内旅行、海外旅行のジャルパックは、これまで以上に「お客さま視点」を第一に考え、“旅のプロ”としてお客さま・旅行会社の皆さまから常に選ばれ、愛されるホールセール旅行会社を目指してまいります。

ページのトップへ